丹波ほっこり農園

三和ぶどう、野菜、養蜂、加工食品

農業もまだまだ・・・。

丹波ほっこり農園は、葡萄の作業がピークのシーズンです。

今日から某農業従事者養成校からインターンシップ生を受け入れ3日間、葡萄の花穂の調整などに従事してもらいます。

まだ19歳という若さであります。

若い人の農業離れが進んでいるが、こうして若くから農業に従事していこうとする若者がいることは、まだまだ農業も捨てたものではないようです。

また、最近では農業女子も増えつつあります。農業も昔と違い機械化が進み、力仕事から如何に機械を使いこなせるかになりましたから、女子力で健康、美容、環境の三つの「~う」で新しい農産品を栽培するケースが増えてきています。

こうした若者が田舎で農業をし、生活ができる経済システムが成り立つのか。やり方次第では可能性を大いに秘めているかもしれません。

   束の間の  日陰の一服  ホトトギス(呆悦)

  
f:id:tanba-hokkori-noen:20170522183018j:image