丹波ほっこり農園

三和ぶどう、野菜、養蜂、加工食品

ロケットストーブで暖を


f:id:tanba-hokkori-noen:20171103090904j:image

 

11月の声を聞くと年賀はがきやおせち料理の予約注文のチラシ、年末調整のお知らせなど何かと忙しない。

現在では11月を「師走」と呼びたいところです。

 

丹波黒豆の枝豆販売も約半月が過ぎ、来週の11日頃に終わる予定です。

ところが、丹波黒豆を枝豆として食するのには、今が最高。

さやが丸々と太り、枝豆の色が微かに黒みかかってきた(決して「黒くはない」)時です。

 

枝豆直販所は山蔭にあるため、朝夕は冷え込み、ここでもストーブが要ります。

ここで活躍するのが「ロケットストーブ」。昨年にハウスの雪解け用に造った簡単なストーブですが結構、暖かい。

道端に落ちている小枝を燃料にするエコロジカル、エコノミーな暖房器具です。

家では薪ストーブ、直販所ではロケットストーブと毎日、火を燃やしていますが飽きない。

 

火を燃やすのが好きな人は昔から「スケベエ」と言われていますが、私も確かにキライな方ではありません。

「火遊び」とか「Off White」とか何んとか言って週刊誌やテレビを賑やかしていますが、過疎化の農村で逢うのは、おばちゃんと鹿、猪のみで、「火遊び」なんて別社会の話。

火を扱うのは正に暖を取るための「火仕事」なのです。

今が旬の「Off White」の黒豆枝豆の販売に専念、専念の毎日です。

(「Off White」はたぶん年末に今年の流行語大賞の一つになるでしょう。)