丹波ほっこり農園

三和ぶどう、野菜、養蜂、加工食品

消し去ろうとする文化


f:id:tanba-hokkori-noen:20180501012703j:image



コンビニで用達しをしようとすると、いわゆる「音姫」が奏でだしました。

清らかな♪で聞かれたくない音を消し去ろうとします。

体や車内や部屋の匂いも芳香剤でこれも消し去ろうとします。

また、都合の悪い事柄は記録を消し去ろうとします。

これらは実は消し去るのではなく上乗せ、上書きして、汚い、都合の悪い事柄を隠そうとしているのではないでしょうか。

明らかにされたくないもの、汚いもの、都合が悪い事柄は上乗せ、上書きするのではなく、元から絶たなければ消え去ることはできません。

 

春は庭先の雑草の処理に手間が掛かります。

庭に芽を出した草をひいてもその地中深く根付いている根を取り除かないと二三日で、また芽を出してきます。

草引きの作業をしながら元から絶たなければ何事も解決しないとつくずく思う今年の春です。

    良い雨と 農婦つぶやき 鍬をおく(呆悦)